DTM初心者向け入門講座

SHURE BETA57A

SHURE BETA57A

世界的スタンダートのボーカル用ダイナミックマイク「SHURE SM58」の上位機種である「SHURE BETA58A」の姉妹マイクであり、同じく楽器用のダイナミックマイクとしてはスタンダードな「SHURE SM57」の上位機種なのがこの「SHURE BETA57A」。ハイゲインでキリっとしたサウンドを得ることができます。

「57シリーズ」は楽器用マイクとして設計されており、そのためもちろん楽器用のマイクとして使われることが多いですが、ボーカル用に設計された「SM58」や「BETA58A」よりは貧弱とはいえ「SM57」と比べより大きくなったウインドスクリーンがあるため、使用者の好みのよりそのままボーカル用のマイクとしても使用しているケースもあります。

SHURE BETA57Aの特徴

「SM57」よりもハイゲインでクッキリとした輪郭があり、非常に高音の抜けのよい収音ができます。姉妹マイクの「BETA58A」と比べると、一番の違いはそのウインドスクリーンの形状にあります。「BETA58A」が丸いのに対して、この「BETA57A」は”たる型”になっており、これによりギターアンプなどを狙う際に使い勝手が良いです。

また、「BETA58A」同様に、「SM57」と比べて指向性が鋭い超単一指向性(スーパーカーディオイド)のマイクとなっており、カブリが少なく、ハウリングも起こしにくい狙った音を収音できるマイクとなっています。また、ライブハウス以外にもこの鋭い指向性により、宅録で使用する際も、暗騒音の入り込みを少なくすることが出来ます。 

概要の部分でも述べましたが、この「BETA57A」をボーカル用のマイクとして使用している場合もたまに見かけます。ただ、「SM58」や「BETA58A」と比べて楽器用に設計されているのでウインドスクリーン内のシートが薄く、このため息による吹かれに弱いので、このマイクをボーカルで使用する際、近接で使用する場合はマイク自体に吹き込まないように角度を調整するか、オフマイク気味に集音するかしないければ、吹かれによるノイズが入ってしまうので、その点に注意が必要となります。

  • 用途:アコースティック楽器、スネアドラム、サックス、ボーカル用
  • “吹かれ”に弱い!

SHURE BETA57A の総評

この「BETA57A」や姉妹マイクの「BETA58A」の「BETAシリーズ」は、「SMシリーズ」と比べ誰でも使用できるマイクというわけではなく、そのマイクの特性や個性を熟知していなければ、良い結果を残すことは出来ません。ただ、その点を注意して使用できるようになれば使い勝手の良いオールラウンドなマイクとして活躍してくれることでしょう。

SHURE BETA57A:仕様

BETA57A:周波数応答曲線

周波数応答曲線
  • ダイナミックマイク
  • 指向性:超単一指向性
  • 周波数特性:50Hz-16kHz
  • インピーダンス:150Ω
  • サイズ:径42.5mm、長さ160mm
  • 重量:275g
  • 価格:¥ 10,190 〜(Amazon.co.jp)

サンプル音源



人気記事(週間)

ドラム録音

ダイナミックマイク

コンデンサーマイク

iPhone/iPadでDTM

トピックス

特集記事

特集記事一覧