DTM初心者向け入門講座

SHURE BETA58A

SHURE BETA58A

スタンダートなダイナミックマイクSHURE SM58の上位機種であるこのBETA58A。外見はSM58と比べると一見配色くらいが違いとしか見受けられず、取り外しが可能な丸いウインドスクリーンや持ちやすそうなボディはSM58と瓜二つという非常に似たマイクですが、性能はこれまたSM58とは違うダイナミックマイクです。

その豊かな表現力から世界中のアーティスト・クリエイターが好んで使っています。

SHURE BETA58Aの特徴

SM58と比べ、ハイゲインでキリっとした高音域も収音でき、音の立ち上がりが良いマイクです。このマイクの使用ポイントとしては、ライブでのボーカルやスピーチなどの場でよく使用されています。そういった特性から特にロックバンドのボーカルがバックバンドに負けてしまうような場合はSM58よりBETA58Aのほうが、周りの音に埋もれない抜けの良い輪郭のある音を収音することができます。

ただ、SM58のように誰でも使いこなせるマイクでは無いということが特徴として挙げられます。というのが、「BETA58A」はSM58より更に指向性が鋭いので、ハンドマイクで使うとマイクコントロールや発声をしっかり習得していなければ収音が不安定になる可能性があり、結果観客からの評価が下がってしまうことも・・・。ただし正しいマイクコントロールや発声習得し、このマイクを使用すれば、ボーカリストとして向上するだけでなく、ハウリングにも強く、より抜けの良いサウンドを生み出してくれるマイクとなります。
また、宅録でも先にあげた鋭い指向性からSM58と比べると暗騒音を排除できます。
また、繊細な収音が可能な故により暗騒音を拾ってしまう場合があるコンデンサーマイクより、このBETA58Aを宅録用マイクとして使用しているクリエイターも多いです。もっともBETA58Aはダイナミックマイクですので、繊細な管理が必要なコンデンサーマイクと比べると扱いも容易で耐久性も高いことも好まれるポイントなのかもしれません。

  • ボーカル用マイク
  • 繊細な集音が可能!
  • 高音の音ヌケが良い!
  • 女性向け・マイク扱いが上手い人向け

SHURE BETA58A:総評

高音の抜けがよい=硬い音になる、指向性が鋭くハウリングが置きにくい=スイートスポットが狭い、などメリットがそのままデメリットになる場合が多く、使いこなすのは難しいこのマイクですが、特性を理解した上で使用できれば非常に強力な相棒となってくれるマイクですし、逆にその使用者を育ててくれるのがBETA58Aというマイクであります。
ライブステージから宅録まで幅広く活躍してくれるBETA58A是非一度お試しあれ。

SHURE BETA58A:仕様

BETA58A:周波数応答曲線

周波数応答曲線
  • ダイナミックマイク
  • 指向特性:超単一指向性
  • 周波数特性:50Hz-16kHz
  • インピーダンス:150Ω
  • 重量:278g
  • 価格:11,800円〜(Yahoo!ショッピング)

サンプル音源


人気記事(週間)

ドラム録音

ダイナミックマイク

コンデンサーマイク

iPhone/iPadでDTM

トピックス

特集記事

特集記事一覧