DTM初心者向け入門講座

おすすめのモニタースピーカー

モニタースピーカー

モニタースピーカーは楽曲制作だけでなく普段のリスニングにとっても欠かせないアイテムです。特に楽曲制作では音源をフラットに出力するスピーカーを選び、楽器のサウンドを正確に捉えることが重要です。このページではモニタースピーカーのセッティング方法や、DTMerに適したオススメのモニタースピーカーを紹介しています。

モニタースピーカーはどんな時に必要?

音楽制作においてモニタースピーカーが決定的に重要な役割を果たすときはミックスダウンおよびマスタリング作業の時です。
ミックスダウン・マスタリングをより高いクオリティで行なうためには、少しでも解像度の良いモニタースピーカーが必要不可欠です。一般的なスピーカーでは、解像度の個性(偏り)があるので、再生状況による音質の変化がとても大きくなってしまいます。またヘッドフォンでは、全体の奥行きや拡がり、幅がスピーカーほど詳細には確認できません。

近年のテクノロジーの進歩とDAW環境の高性能化で、誰でも低コストで、簡単に自宅でミックスダウンおよびマスタリングができるようになり、クオリティーの高い作品を作ることができるようになっています。是非、表現したい音楽にフィットするモニタースピーカーを手に入れて、あなたの音楽制作ライフを、さらに充実したものにしてください。

ミックスダウン

ミックスダウンは、打ち込み、ボーカル、ギター演奏などでレコーディングをした各パート(トラック)の様々なサウンドの音量や定位をバランスよく調整して、LRのステレオ・2トラック(2MIX)に編集します。
各パートの音量バランスや定位の設定、EQ(イコライザー)による各パートの周波数域の調整や、エフェクターを利用しての音色作りなど、レコーディングした各音声素材など編集し、楽曲としてよりクオリティの高い状態にしていく作業です。この作業が最終的な楽曲のクオリティーを決定します。
ミックスダウンのコツ

マスタリング

マスタリングは配信するメディア(かつては主にCD)に適したデータに楽曲をコンバートする作業です。この作業で楽曲自体の本質的な変化は起こりませんが、全体がこもって聞こえたり、抜けの良い音になったりする変化が起こるので音楽制作においてはマスタリングもとても重要な作業工程です。
マスタリングのコツ

モニタースピーカーのセッティング

自宅でモニタースピーカーを設置する時は、以下のことに注意してセッティングするとよいでしょう。

設置場所

定在波を抑えるため、部屋の長辺側の真ん中にセッティングします。

スピーカースタンドの上に置く

スピーカーを床に直接置くことは、あまり良いモニタリング環境とは言えません。机の上であっても、スタンドにおくようにしましょう。
スピーカースタンドは音で共振してしまわないような頑丈で重いものが望ましいです。レンガやコンクリートブロック(中に砂を詰める)などで代用ものいいでしょう。

壁との距離を調整する

壁からは50㎝以上離すようにセッティングします。
壁から離れる毎に低音は減り、近づける毎に低音は増えます。

高さを調節する

基本は自分の耳の高さと合わせるようにセッティングします。
低音を強調したい・高音がキンキンする場合はスピーカーの位置を下げます。
位置を上げると低音成分は減り高音が強調されます。

2つのスピーカーの距離

1.5mほど間隔を開けるのが理想的です。

オススメのモニタースピーカー

DTM初心者から本格的に楽曲制作しているプロの人まで、気軽に購入できる定番のモニタースピーカーを紹介します。

YAMAHA MSP3

YAMAHA MSP3

数年前までYAMAHA NS-10はどんな音楽スタジオにもおいてあるほど業界のスタンダードでしたが、現在は生産終了しています。そんなNSシリーズを現在に受け継ぐのがMSPシリーズです。

そのMSPシリーズの中で、最もコンパクトでリーズナブルなモデルがMSP3です。コンパクトながらMSPシリーズの高品位なリファレンスサウンドを忠実に継承したMSP3は、小規模なプライベートスタジオやポストプロダクションでの使用はもちろん、電子楽器のモニター用、サラウンドシステム用としても最適です。
20Wのパワーアンプを内蔵しており、ホームスタジオに最適なリファレンスモニター。リーズナブルな価格とコンパクトなサイズでありながら、この音質はすぐれたコストパフォーマンスを実現しています。またペアセットなの点も魅力の1つです。

YAMAHA MSP3を…
AAmazonで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

YAMAHA MSP5 STUDIO

YAMAHA MSP5 STUDIO

YAMAHA MSP5 STUDIO は、先述の MSP3 の兄貴分で、プロフェッショナルクオリティーのフラッグシップ・スタジオモニターとなっています。様々なフィールドで高い評価を獲得してきたパワードモニタースピーカー MSP5A の後継機種です。キャビネットの形状から細部に至るまでユーティリティやデザイン等が大幅に向上しています。

ツイーターには、音の立ち上がりが良く、分解能・耐久性に優れたチタンドームを採用。ウェーブガイドホーンがその性能をフルに引き出します。パワーアンプ部は、デュアルアンプ構成で、アンプ前後の小信号を分割し、それぞれの帯域ごとに専用パワーアンプで増幅するバイアンプ方式で、濁りや歪みのないクリアでダイナミックレンジの広いサウンドの再生が可能となっています。一体設計ならではの高質な組み合わせが、クラスを超えたスーパーリファレンス・サウンドを生み出しています。

YAMAHA MSP5 STUDIOを…
AAmazonで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

FOSTEX NF01R

FOSTEX NF01R

2017年3月に登場したFOSTEX NFシリーズの最新作「NF01R」。2013年に既に生産終了となっていますが、2000年に登場した「NF-1A」/2002年に登場した「NF-01A」はいずれも名機と呼ばれ、アーティストからエンジニアまで幅広く支持を集めた人気モデルです(このページのトップ画像もNF-01A、DTM君が使っているモニターです)。黄色い星型の凹凸が施された紙製ウーファーがルックスの特徴になっている製品で、後継機種となる NF01R は NF-01A の基本仕様を受け継ぎながらも更に改良が加えられています。

低域50W/高域45Wのパワーアンプを内蔵、130mmウーファー/ツイーターにはUFLC振動板を採用、100ペアのみの完全数量限定生産となっています。

Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

FOSTEX PM0.4

FOSTEX PM0.4

FOSTEX PM0.4nは、バッフル上部を絞ったボディデザインによりコンパクトかつカジュアルな外観となっており、フォステクスならではのスピーカー技術により、優れた再生能力と豊かな音楽性を表現するプロフェッショナル・スタジオ・モニターです。

コンパクト設計のエンクロージャーには、口径100mmのウーハーと19mmのソフトドーム・ツィーター、さらには高性能のパワー・アンプ(最大出力:18W×2)を搭載し、ウーハー/ツィーターそれぞれをバイ・アンプ方式で駆動することで、DTMからPCオーディオ/ホームシアター再生用などあらゆるシーンでの利用を可能にしています。

ブラック/ホワイト/レッド/バイオレット/イエローの全5色を展開しており、自分の音楽制作環境には色彩的にもこだわりたいという人にはオススメです。

FOSTEX PM0.4を…
AAmazonで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

FOSTEX PM0.5n

FOSTEX PM0.5n

PM0.5nはフォステクスならではのスピーカー技術で、量感溢れる低域をベースにした豊かな音楽性を実現しています。ホームスタジオでの音楽制作やDTMなどに幅広く活用可能な、小型プロフェッショナル・スタジオ・モニターです。
PM0.4n にも通じるデザインで、エンクロージャー前面のバッフルには光沢仕上げが採用されており、上部を絞ったボディデザインによりコンパクトさを強調したカジュアルな外観です。
口径130mmのウーハーと20mmのソフト・ドームツィーター、高性能なバイ・アンプ方式パワー・アンプ(LF=35W+HF=35W)を搭載しており、コンピューターやTVなどのCRTディスプレイに近接設置が行える防磁設計なので、パーソナル・レコーディングからDTM、ホームシアター再生用など、幅広く活用できます。

こちらはブラック/ホワイトの2色展開となっています。

FOSTEX PM0.5nを…
AAmazonで探す YYahoo!ショッピングで探す

ADAM Audio A5

ADAM Audio A5

ADAM Audio A5は、ADAM独自のX-ART ツィーターにより、次世代オーディオに対応可能な広帯域な音質に優れたモデルです。可聴帯域を越える50kHz までをフラットな位相特性でカバーしており、5.5インチのミッドウーファーが2.5kHz以下の帯域を再生します。

ダイアフラムはカーボンファイバー/ロハセル/グラスファイバー製で、上位モデルのA7X及びA8Xと同じ構造をなっています。非常に軽量かつ優れた堅牢制を持つこの素材を採用することでブレイクアップレゾナンスを防ぎ、並はずれたダイナミクス表現力、秀でたサウンドキャラクターを実現しています。

また、A5Xには、とても便利なステレオリンクという機能が付いていて、両スピーカーのボリューム調整を片方のスピーカーのゲインコントロールで操作することが可能になっています。

ADAM Audio A5を…
Sサウンドハウスで探す R楽天で探す

モニターは複数用意するべし!

モニターは人それぞれ。環境によって異なります
したがって楽曲のミックス・マスタリング時には、制作したトラックを聞くために複数のモニターを用意します。
メインスピーカーだけでなく、イヤホン・ラジカセなど様々な環境で音を聞き比べることで、音のバランスの善し悪しを考察する、プロの現場でも用いられる手法です。

人気記事(週間)

DTM初心者入門講座

iPhone/iPadでDTM

トピックス

特集記事

特集記事一覧