DTM初心者向け入門講座

20万円以上のプレミアムなオーディオインターフェイス特集

進化を続けるオーディオインターフェイス。最近ではプロエンジニアがプライベートスタジオに持ち運びできるような高品質なモデルがどんどん市場に登場するようになりました。
このページでは24bit/192kHz とクラス最高の音質を実現しているのは当たり前、ハイスペックなマイクプリアンプやAD/DAコンバーターを搭載した、20万以上の「プレミアム」オーディオインターフェイスを紹介します。

UNIVERSAL AUDIO APOLLO 8 DUO/QUAD

APOLLO 8 DUO/QUAD

Mac専用
2015年4月に登場し、次世代のオーディオインターフェイスとして話題となったAPOLLOシリーズの最新モデルです。
Thunderbolt 2対応、18in/24out、4基のマイクプリアンプ、ヘッドフォンアウト2系統、2基のオンボードUAD-2アクセラレーター、最高音質のA/D,D/Aコンバーターと最新技術が詰まったクラス最高峰のサウンドクオリティです。

最大の特徴はNeveやLexicon、Studer、Manley、Ampexといった名機をエミュレートしたUADプラグインを掛けながら、超低レイテンシーでのレコーディングを可能としていることです。処理はDSPによって行われているので、パソコンのCPUに負担が掛かることはありません。ちなみに、DSPを2基採用しているAPOLLO 8 QUADというモデルもラインナップされています。

UNIVERSAL AUDIO APOLLO 8 DUO/QUADを価格比較 – Supernice!DTM

Apogee Ensemble

Apogee Ensemble

2015年2月に登場したMac専用オーディオインターフェイス。
Thnderbolt 2 対応、30in/34out、ヘッドフォンアウト2系統、バッファー32、サンプルレート 96kHz で 1.1ms という超低レイテンシーを実現、1Uサイズながら8基のマイクプリアンプを搭載、CPUに負担をかけない高速データ処理を実現しています。また。DUALモード/リアンプアウト機能などによって、録音したギターデータにアンプを通して(リアンプ)再び録音する/ペダルエフェクターをインサートエフェクトとして使用できる(かけ録り)など、よりクリエイティブな使い方が可能。

さらに業界標準のマスタリング・プラグイン・バンドル Waves Gold が付属してくるなど充実した内容となっています。
品質は業界内でも定評がある Apogee の、現時点でのフラッグシップ・モデルです。

Apogee Ensembleを価格比較 – Supernice!DTM

MOTU 1248 / 8M / 16A

MOTU 1248

Mac専用
1248 は音声/映像ネットワーク技術「AVB」に対応するフラッグシップ・モデルの USB/Thunderbolt 対応オーディオインターフェイス。
最大 32in/34out、これまで MOTU からリリースされた MK3 シリーズの2倍のDSPを搭載、アナログ出力は123dBのダイナミックレンジ、DAコンバーターに ESS TECHNOLOGY Sabre32 Ultra の最新モデルを搭載。アプリでの遠隔操作、英国アナログミキシングコンソールのEQをモデリング、48chデジタルミキサーとして機能するなど、妥協のないピュアサウンド/極小のレイテンシー/充実の機能を誇ります。

同時期には同じくAVB シリーズのインターフェイスとして「8M」、「16A」がラインナップ。
AVB対応のEthernetスイッチを使いこれらインターフェイスを最大5台まで繋げて拡張することが可能となっています。

MOTU 1248を価格比較 – Supernice!DTM
MOTU 8Mを価格比較 – Supernice!DTM
MOTU 16Aを価格比較 – Supernice!DTM

RME Fireface UFX

Fireface UFX

Windows/Mac対応、FireWire接続のオーディオインターフェイス。
音質・機能・そして安定性、全てがトップクラスに位置するRMEのフラッグシップモデルです。独自開発の並列AD処理を採用した4系統のマイクプリアンプを備えており、高い解像度と優れたS/N比による最高音質のレコーディングを可能にします。

30in/30ouの入出力チャンネルを備えており、各チャンネルを個別に管理できるTotalMix FXと呼ばれるDSPベースのミキサーソフトウェアを標準装備。44.1kHzから192kHzまでのサンプルレートに対応しています。本機は世界中の音楽スタジオに導入されており、「世界で最も信頼されているインターフェース」との呼び声が高いです。

RME Fireface UFXを価格比較 – Supernice!DTM

DIGIGRID IOS

DIGIGRID IOS

Windows/Mac対応
2015年1月、大手プラグインエフェクト・メーカーのWAVESとDIGICO社による共同開発によって産まれた「LAN」接続のオーディオインターフェイス。
LANケーブルでパソコンに繋ぐだけでOK。本機1台で複数のコンピュータに接続し、2つのDAWでシェア/ソフトウェアで一元管理ができるなど、SoundGridサーバーによるネットワーク構築が可能なモデルです。

背面パネルに豊富なアナログ・デジタルの入出力を装備した10in/10out、内蔵DSPによりCPU負荷は抑えられ、超低レイテンシーを実現。
プロ向けのシステム構築から個人ユーザーまで対応できるオールインワン・モデルです。

DIGIGRID IOSを価格比較 – Supernice!DTM

Metric Halo Mobile I/O ULN-8

上記のFireface UFXと肩を並べる音質を備えたMobile I/Oシリーズのフラッグシップです。高解像度なのはもちろん、サブベース帯域(超低音域)までも明瞭に表現する再生能力が高い評価を得ています。

16in/18out、超ノイズレス仕様のマイクプリアンプを8系統内蔵し、Metric Halo v5 Mixerと呼ばれるミキサーソフトウェアを標準装備。クラブミュージックや映像作品用楽曲、クラシックなど、ウルトラハイレンジのミキシングをするユーザーにオススメです。

人気記事(週間)

オーディオインターフェイス

iPhone/iPadでDTM

トピックス

特集記事

特集記事一覧