DTM初心者向け入門講座

DTM博士へようこそ

ギターやベース、シンセサイザーを使って音楽を楽しんでいる方は、自分で作った楽曲を録音したり編集したりしてmp3データやCDにして色々な人に聞いて欲しいと思うはず。
当サイトでは楽器の演奏もそこそこできるようになった中級者の皆さん・ゲーム音楽を作りたい人・仕事で音楽編集をしている人など、パソコンで音楽制作したいDTM初心者さんを対象に、デスクトップミュージック(Desktop Music)・DTMとは何かについて詳しく解説している入門講座サイトです。
ごゆっくりどうぞ!

DTMの歴史

コンピュータで音楽を作るという概念は1980年代から登場していましたが、「DTM」という言葉が使われ始めたのは1990年代前半から。歴史はまだとても浅いのですが、時代と共にソフトウェアは瞬く間に高品質化・低価格化の道を辿り、昔のようにプロでないと手に入れることができないような高価格の機材を使わなくても、プロ品質の音質で録音・編集できるようになりました。

プロもアマチュアもほぼ同じ土俵で音楽制作することが可能になったのです。

DTMで何ができるのか

DTMではパソコンに入っている楽器ソフトの演奏・ギターやマイクやキーボードなど外部機器の録音・ミックス/マスタリング作業を通して楽曲を作成することができます。
また、作成した楽曲をmp3データに落としたりCDを作成したり、カラオケバージョンを作ったり、ボーカロイドを演奏させたり、ソフトによっては動画とシンクロさせたり...
実に様々なことが実行可能になります。

DTM初心者入門講座

これからDTMを始める初心者向けの入門講座です。まずはどんな機材が必要なのか、パソコンはどんなスペックでいいのか、など見ていきましょう。